検索

廃墟。事務所化頓挫中


寒い寒い今年の冬は気のせいなのか、いつもより長く感じています。

特に九十九里での作業が思い通りに進まず、寒々しい、いずれ事務所兼居宅になる予定の廃墟にひとりでいると

本当に身も心も冷たくなっていく気がしてきます。

写真では廃墟感が伝わらないかもしれません。

何しろ、左写真は不動産会社がこの家を売る時に使った宣材写真ですから。これがw

10年ほど前に住んでいた人が

鳥を放し飼いにしていたのか、畳一面に

鳥の糞らしきものが落ちている謎の深まる

怖すぎる和室が2部屋。

シミだらけのすな壁、

サイズの全く合っていない怖すぎるカーテンは掛けられたまま…。

畳の下に何かが隠れているかも!という妄想が止まらない。



家全体を飲み込む勢いのツタ。

ツタって木の枝にカエルの手みたいな形の吸盤がついていて、けっこうがっしり壁に張り付いているので、力任せに引っ張ると塩害でボロボロになった家の外壁は

簡単に崩れるという恐怖の現実を知る。

知らずに壁のツタを引っ張ったら、あっさり崩れてきた外壁は、

拾い集めてコーキング剤をくっつけて悲劇は起こらなかったことに。(なったのか??)


こんないい加減な修繕でいいのかどうなのか。

いやいや、いいわけないけど仕方なし。

階段の風化して消えてなくなったしまった鉄の部分も、便利な硬化材をホームセンターで

発見して補修。 何とかなるのかな。まだまだ不安しかない。




0475867690

©2019 by 株式会社 海陽不動産企画あかりオフィス。Wix.com で作成されました。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now