検索

珍しくはない不愉快な不動産業者の話

本日は不愉快な不動産会社の話をしたいと思います。

お客様より中古マンションの内見をご依頼いただきましたので早速、鍵の手配です。

レインズ(業者間で販売状況を共有するサイト)で検索しても、当該物件は

出てきませんでした。一般のポータルサイトには数社からご紹介がある物件でした。

お客様から物件をお預かり(販売依頼)をされたら必ずレインズには

掲載する義務があります。これは宅建業法上、必須行為です。

手垢が付くのを嫌がったり(情報が広まりすぎるとか、目新しさがなくなるとか)

そもそも他業者へ知らせたくないのでレイズンに掲載しない質の悪い業者も結構います。

これって売主様にはわかりにくいので気が付かれませんが、

売主様には大きなデメリットです。(依頼をしたら掲載の証明書を貰ってくださいね)

そうなると元付け業者(売主様から販売を依頼されている業者さん)の特定が難しいので

各ポータルサイトで問い合わせをしていくのですが

元付けではない場合は当然に物件の紹介はしていただけません。

もちろんそこで「元付け業者さんは〇〇ですよ。」なんて親切には教えてくれません。

ちなみに私はすぐに教えちゃいます。隠してもこちらへのメリットなんてほぼないのでw

最近はヤフー不動産あたりでは「ココが元付け!」なんて明記されていますし。

で3件目に問い合わせした業者が当たり!の元付け業者でした。

「〇〇マンションなんですけど、まだご紹介可能ですか?」

「いやあ、わかりませんねえ」

「はい?御社のお預かり物件ではないのでしょうか?」

「さあねえ、他業者には紹介はやらないんですよぉ」

出た、出たっ!

本当に多い、このパターン(都内の賃貸なんかほぼこのケース)

せっかく預かったのだから自社でお客様を付けて売主・買主双方から仲介手数料を

頂く(いわゆる両手)ようにするために他社からのお客様には買わせない(紹介しない)

ということです。

そもそも売主様から物件を預かる最大のメリットは両手物件になることですから

まして放っておいても、いつかは売れそうな物件を

みすみす他社に仲介手数料を取られたくない、という気持ちはわからなくはない

でも、でもでも! 売主様はどこに仲介手数料を払っても同じことだし

売却を望んでいるのですから、そのチャンスを仲介業者が潰すっておかしくない?

他社からもポータルサイトに情報は出でいるし、お前のところには紹介しない!ってこと?

この業者がどんな会社なのかHPを見てみたら

なんと!うちの専任物件をHPに掲載しているじゃあないの!

まあいい、まあいい!うちはとにかく売主様のために広告の場をひとつでも多くして

たくさんのお客様に検討してもらえたら、そしてどこの業者のお客様でも

買っていただけたら売主様に喜んでもらえるのだから、

むしろ自社HPに載せていただいて感謝します。

でもでも、納得いかないのはこちらのHPには

「 業界の悪しき習慣」とか「危ない大手」だとかのページまで作って囲い込みが

いかにお客様のデメリットになるのか、自社がどれほど優良な業者なのかを

アピールしている点です。

こんなの読んだら、「信用のおける業者だなあ」という印象を持ちます。

実際に私もそんな気がして(さっきの対応は、留守番人かなんかの事情のわからない人が

たまたま電話に出ただけかも???)と思い直し、もう一度電話を掛けてみたくらいです。

5度のコールで電話に出なかったので(やっぱり今日は定休日で、

さっきの人はたまたま電話に出ちゃった人?だったのかな)と思って受話器を置くと

数分後にかなり感じのよい人から、こちらの残した着信番号へ返電がありました。

「先ほどお電話いただいてぇ~。ありがとうございます!〇〇不動産です」

明るくハキハキした感じは一度目に電話で話した人とは明らかに別人のようでした。

こちらも少し希望を持ち直し、マンションの内見の話をしかけたとたん

「ああ、やってないんですよお。」と声のトーンが露骨に激下がり、(コントのようにw)

一度目の電話の対応と同じ人だと確信できましたw

うちの物件の掲載をする際にご連絡をいただいた担当者へ電話を替わってもらおうと

「では、」と言いかけた時、電話はガチャンと大きな音を立てて切られてしまいました。

マジかっ おまえ!!

再度、HPを見直したら、なんの大会かわかりませんが、

仲介手数料部門1位の何とか君のメダルと

にこやかに笑う営業マンの写真が載っていました。

さっきの電話がこの笑顔の営業マンの対応でないことを願うばかりです。


#業界の悪しき習慣 #危ない業者 #不動産営業マン #仲介手数料両手狙い

#抱え込み反対 #両手の禁止希望 #信用できない #客付け業者